«  2012年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 上の前歯のダイレクトボンディング、審美歯科(新潟県新発田市の歯医者、寺尾歯科医院) | メイン | 月岡温泉とハラクチェでおいしいお昼 »

2012年3月31日

今日はセラミックのかぶせ物、詰め物の治療について紹介いたします。

この方はむし歯と根の治療後、白い歯にして欲しいとのご希望がありました。

右上5番(黄矢印の歯)は神経がない歯で、プラスチックの詰め物が変色し、隙間からむし歯になっていました。右上4番(青矢印の歯)も銀歯の下にむし歯がありました。
右上5MB、右上4CI術前.jpg

右上5番(黄矢印の歯)の根の治療をやり直し、ファイバーポストコアで支台築造した状態です(土台を付けたところです)。歯ぐきの状態は良好です。歯ぐきの状態が良くなければ、型取りが上手くいきません。
右上5MB術中1.jpg

右上5番(黄矢印の歯)に歯肉圧排を行ったところです。歯肉圧排とは、型取りの材料が流れ込みやすいように、歯と歯ぐきの間に細い糸を入れる処置です(歯ぐきの状態が良ければ痛みはありません)。
私は歯肉圧排は二重圧排法(ダブルコードテクニック)を用いることが多いです。
歯肉圧排によって印象(型取り)が鮮明になるので、このステップは非常に重要です。
右上5MB術中2.jpg

印象面(型取りしたもの)です。削ったところが全周にわたり、とても鮮明に印象できました。歯科治療は精度が大切ですので、きれいに削って印象することはとても重要です。
MB印象面.jpg

きれいに削って、鮮明に印象できれば、精度の高い石膏模型を作製できます。これによって技工士さん(かぶせ物や詰め物、入れ歯などを作る方)は作業しやすくなり、精度の高い補綴物(かぶせ物)を作ることができます。
MB模型2.jpg

右上4番(青矢印の歯)の銀歯をはずしてむし歯をとった状態です。
右上4CI術中1.jpg

むし歯が神経に近かったので、コンポジットレジンで裏層しました。そして同様に歯肉圧排です。
右上4CI術中2.jpg

印象面です。鮮明に印象できました。
右上4CI印象.jpg

術前咬合面観(上から見たところ)です。
右上5MB、右上4CI術前.jpg

術直後咬合面観です。
右上5MB、右上4CI術直後咬合面観.jpg

術後3年経過した咬合面観です。
右上5MB、右上4CI術後3年咬合面観.jpg

角度を変えて、術前頬側面観(外側から見たところ)です。
右上5MB、右上4CI術前頬側面観.jpg

術直後頬側面観です。
右上5MB、右上4CI術直後頬側面観.jpg

そして、術後3年経過した頬側面観になります。
右上5MB、右上4CI術後3年頬側面観.jpg

右上5番(黄矢印)はメタルボンド(メタルセラミック)、右上4番(青矢印)はセラミックインレーで修復させていただきました。

治療を終えてまだ3年ですが、変化なく、良好な状態が保てれています。機能的にも見た目にも良い状態で長持ちすることは、とても重要な事だと考えています。

私の診療目標は、良好な治療結果の永続性(長持ち)を達成することです。
これからもしっかりメインテナンスさせていただきます!

新潟県新発田市の歯科なら寺尾歯科医院へ!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.teraodental.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/325

新潟駅前歯科クリニック 院長 寺尾 豊
新潟駅前歯科クリニック
院長 寺尾 豊

院長経歴
昭和48年9月8日 新潟県新発田市生まれ
新潟県立新発田高校卒業

平成10年3月 日本大学歯学部卒業
同年4月 町田市民病院 口腔外科入局

平成11年1月 町田市民病院 麻酔科研修
同年7月 町田市民病院 麻酔科研修終了後 口腔外科勤務

平成14年4月 町田市民病院 口腔外科レジデント
(週5日勤務、当直勤務)

平成17年4月 町田市民病院 口腔外科嘱託医(週5日勤務、当直勤務)

平成19年6月 町田市民病院 口腔外科嘱託医(週4日勤務、当直勤務)
寺尾歯科医院に週2日勤務

平成21年11月 寺尾歯科医院を父の跡を継いで開業