«  2012年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« オールセラミッククラウンによる審美歯科(新潟県新発田市の歯医者、寺尾歯科医院) | メイン | 限局矯正(LOT)、部分矯正(MTM)、アップライトの治療例(新潟県新発田市の歯科、寺尾歯科医院) »

2012年3月27日

こんにちは。昨日は雪が降りました!3月も終わろうとしているのにまだ雪が降るんですね!
やはりまだ気温が上がらないせいでしょうか...。今朝も寒かったです。

今回は歯ぐきがやせた場合(歯肉退縮といいます)の治療として歯肉移植という方法を行った患者様を紹介させていただきます。歯肉移植は歯周病治療の中の歯周形成外科という分野になります。

術前の状態です(とくに矢印の部分に歯肉退縮がみられ、歯の見える部分が長くなっています)。
歯肉移植術前.jpg

術後の状態になります。歯ぐきが歯肉移植により再生しています。
歯肉移植術後.jpg

この患者様は歯肉退縮により歯根が露出し、知覚過敏を訴えていました。知覚過敏とは歯がしみる状態のことを言います(むし歯ではありません)。

術後は知覚過敏は消失し、歯肉もきれいに再生したので、患者様には大変ご満足いただけました。

この方のように、歯肉退縮により知覚過敏を訴えている場合、知覚過敏用の塗り薬を塗っただけでは、根本的な解決にはなりません。薬を塗るだけでは、歯肉退縮は進行してしまいます。

歯肉退縮が進行すれば、歯ぐきの下にある骨もなくなります。骨がなくなれば、最悪の場合、歯を失ってしまいます。

根本的に解決するためには、露出した歯根を丈夫な歯肉で被覆し、歯肉退縮を阻止しなければなりません。

良好な状態で歯を長持ちさせるために、環境を改善することがとても重要です。

新潟県新発田市の歯科なら寺尾歯科医院へ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.teraodental.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/322

新潟駅前歯科クリニック 院長 寺尾 豊
新潟駅前歯科クリニック
院長 寺尾 豊

院長経歴
昭和48年9月8日 新潟県新発田市生まれ
新潟県立新発田高校卒業

平成10年3月 日本大学歯学部卒業
同年4月 町田市民病院 口腔外科入局

平成11年1月 町田市民病院 麻酔科研修
同年7月 町田市民病院 麻酔科研修終了後 口腔外科勤務

平成14年4月 町田市民病院 口腔外科レジデント
(週5日勤務、当直勤務)

平成17年4月 町田市民病院 口腔外科嘱託医(週5日勤務、当直勤務)

平成19年6月 町田市民病院 口腔外科嘱託医(週4日勤務、当直勤務)
寺尾歯科医院に週2日勤務

平成21年11月 寺尾歯科医院を父の跡を継いで開業